1. TOP
  2. BANKS JOURNAL
  3. BRAND HISTORY
BRAND HISTORY
BRAND HISTORY BANKS  JOURNAL

ABOUT "BANKS JOURNAL"

それぞれのバックグラウンドを持つ、4人の創始者

BANKS JOURNALは海辺での暮らしを楽しむライフスタイルと、デザインへの愛が、すべての発想の源となっている。このブランドが持つ思想は、創始者である4人それぞれの、全く異なる環境での子供時代を過ごし、そこで培われたであろう正反対ともいえる世界観がBanks Journalで融合することで、現代的かつ心地よいCoastal lookを提案するブランドが生まれた。そして、彼らが持っているものづくりへの豊富な知識と経験が、バイロン・ベイ、東京、そして南カルフォルニアのニューポートビーチに点在するレーベルのオフィスを形づくり、支え、また後押ししている。

BRAND HISTORY BANKS  JOURNAL

BANKS JOURNALの目指す場所

BANKS JOURNALがブランドとして目指すことはとてもシンプルだ。それは、スタイルと機能性を融合し、サステナブルな視点で設計開発にアプローチをしていくこと。なぜなら、ブランドを運営すること、すなわち、製品を作り販売することは、私たちが暮らす地球環境に直接的で大きな影響力を及ぼすから。だからこそ、それを維持し、守っていく努力をしていくことで、地球の未来が明るくなるチャンスや、進歩に繋がるかもしれない。また、このブランドに集まったサーファー、デザイナー、そしてフォトグラファーもまた、彼らの好奇心、そして「世界をよりよくしていく」ことへの熱意によって結束を高めている。

BRAND HISTORY BANKS  JOURNAL

ブランドの由来

オーストラリアでは、こんな状態を"Sand banks"と呼ぶ。まるで魔法のように平らな海面にあらわれて、海岸へ着いたと思えばその形を失ってしまう波の姿だ。常に形を変え、同じものはふたつとなく、進化していく波と、そんなふうに変化していく世界を一分一秒の変化を目に焼き付け、記録していたいという思いから、「BANKS JOURNAL」は生まれた。

BRAND HISTORY BANKS  JOURNAL

サステナビリティへの願い

バイロンベイが遊び場だった幼少期から創設メンバーの中のティムとラマは、自分たちの身のまわりにあふれる自然に対して、深い畏敬の念を抱いていた。だから、地球環境にフレンドリーな素材をブランドで使用することは自然な選択だった。特に、オーガニックコットンを使用したTシャツとフリースは、ブランドが誇る製品だ。その他にも、プラスチックとフタル酸エステルを使用しない衣類用インクや、ペットボトルから作ったショーツなど、さまざまな取り組みをしている。

環境負荷を徹底的に軽減する、という大きな目標を達成するには、まだ"BANKS JOURNAL"は不完全な部分もあります。けれど、すべての製品に対して誇りを持ち、いいものをつくろうという気持ちで、一歩ずつ歩みを進めています。