1. TOP
  2. TCSS
  3. RIDER
RIDER
Ryan Glover (BigSun) RIDER
Ryan Glover (BigSun)
Ryan Glover 通称 "BIG SUN"。
ニュージーランドの東海岸側の北部にある小さな町Mt.Maungauiに住んでいます。波がいいと有名な訳ではないですが、彼に言わせればロングボーダーには完璧な波が来るポイントな模様。Big sunブランドのシェーパー兼ボードデザイナーであり、サーフィンのある日常と夢を提供し、いつも笑顔で接してくれる厚い人情の持ち主です。
Follow Ryan via Instagram at @ryanglover
Jakey Pedrana RIDER
Jakey Pedrana
フィンレスサーフィンのパイオニアJacob Pedrana。
彼は幼少から波と戯れ、時とともに進化をし、現在ではフィンレスサーフィンの探求家になりました。
今はニューサウスウェールズ州タマラマに住み、ボンダイビーチをホームポイントにしています。
Jacobは、ここ数年フィンレスサーフィンの開拓者Tom Wegenerと共に変形型フィンレスボードの開発に携わっています。
Follow Jakey via Instagram at @jakeypedro
Tom Payne RIDER
Tom Payne
Critical Slide Crewで最も勢いのある若手Tom Payne。
見た目とは裏腹に、映画のチョイス、カラオケの選曲、サーフスタイルまで全てがクラシック。
彼が幼少期を過ごしたニューサウスウェールズ州のサニーセントラルコーストをCrewに紹介してくれた懐の広い男です。
Follow Tom via Instagram at @tom.payne
Ed Triglone RIDER
Ed Triglone
Critical Slide Crew の新星 Ed Triglone。
ノース・コースト中部の約束の地と呼ばれるど田舎出身、今は都会に被れてボンダイっ子を気取っています。
彼はシドニーを拠点とするクリエイティブスタジオLagoon Collectiveの一員として、Tim Swallowと共に映像作家として才能を開花させています。
Follow Ed via Instagram at @edtriglone
Thomas Bexon RIDER
Thomas Bexon
この10年の間に、Thomas 'Doc' Bexonはオーストラリアで最高のハンドクラフトサーフボード職人の一人としての地位を確立しました。自身の名のブランドネームにしたThomas Surfboardsは、今や世界中で最も需要の高いサーフボードとなりました。フレンドリーで大きな人間性と髭を持つ彼は、ログで優雅にマニューバします。サーファーとしての評価も高くオーストラリア国内外でのコンテストへ招待されています。彼のホームはヌーサですが、世界中で引っ張りだこ、あらゆる場所でサーフィンとシェイピングをしています。
Follow Thomas via Instagram at @thomassurfboards