1. TOP
  2. UPPERCUT
  3. BRAND HISTORY
BRAND HISTORY
BRAND HISTORY UPPERCUT

ABOUT US

オーストラリア発のWilly Uppercut OSheaと Uppercut Deluxeは、モダンな1950年代のバーバーショップにインスパイアを受けてできたメンズグルーミングのブランド。上質な素材のみを使用し、真のハイクオリティを目指す同ブランドは、バーバーとスケートが大好きな幼馴染同士のLuke Newmanと Steve Purcellによって作られた。

BRAND HISTORY UPPERCUT

バーバーショップの持つタイムレスなコミュニティ

Newmanは、オレゴンのポートランドにて、友人とスケートパークの設計を行っている際に、バーバーの世界に興味を持つようになる。というのも、彼が毎日訪れるコーヒショップの隣が、クールなバーバーショップだったのだ。毎日前を通りがかるうちに、「バーバーショップはなんてタイムレスで、確立されたコミュニティなんだろう」と発見し、やがて「これなら、人生を費やして出来る仕事だ」と考えるように。彼はさっそくオーストラリアに戻って、バーバーの見習いをしながらバーバーの歴史を学び始めた。

一方、Purcellは現在13年間バーバーとして働いている。彼がこの仕事をはじめた理由は単純で、父親に「仕事を見つけたら学校を辞めていい」という条件を出されたから。ここからがとてもスピーディだった。その申し出を聞いた矢先、兄弟がたまたまバーバーで見習い募集をしている張り紙を見つけ、それをPercellに伝えたのだ。すぐに、学校から逃げ出す絶好のチャンスだと思い、彼はバーバーになることを決意した。

偶然といえど、この出来事は小さい頃にPurcellをバーバーへ連れて行ってくれた祖父Willyとの強いつながりを感じ始めるきっかけでもあった。常に気品を重んじ、ネクタイとポマードを持ち歩いていた祖父。ボクサーだった彼のニックネームは、"アッパーカット"。そう、彼らの店名、そしてブランド名の起源だ。

BRAND HISTORY UPPERCUT

バーバーの可能性を信じ続け、生まれたUPPERCUTクオリティ

やがて仕事に熱心な2人は、人々の集まる場所を作りたいと思いお店をオープン。当時のオーストラリアでは、バーバーはおしゃれではないと誤解を受けていたため、バーバーカルチャーを知らない友人たちに理解されないこともあった。しかしNewmanとPercellはバーバーカルチャーがトレンドになる前から天職だと考え、他人の意見に惑わされず仕事へ向き合った。この先見の明と実直な姿勢のおかげで、現在は彼らのバーバーの前に長い列が作られている。

また彼らは、当時の質がいいとは言えない整髪料に満足できず、1年以上にもわたって質の良い自身のプロダクトを作り出すために様々な実験をした。そしてようやく満足にいくクオリティで出来上がった初めの商品が"Deluxe Pomade"だったのだ。今日、レガシーが詰まったUppercut Deluxeの商品は、世界中で愛されている。